自社ローンは法律違反ではありません。

自社ローンで中古車を購入しようと思った際に気になるのは、自社ローンで中古車を購入するということが法律違反になるのかどうかと言うことです。

通常の自動車ローンに通らないブラックの人でもローンが組める自社ローンと聞くと、なんとなく違法なのかなー?と思われる方も多いと思います。

自社ローン違法

自社ローンは金利が0円のお店が多く、金融ブラックの人でも通るので、反社会勢力の方が経営されているのかなと心配される方も多いと思います。

返済できなかった場合はどうなるんだろうと心配で自社ローンの利用をためらっている人に、安心して自社ローンを利用できるように解説させていただきます。

自社ローンは法律違反ではありません。

結論から言うと自社ローンで中古車を販売する行為は法律違反ではありません、もちろん購入する方も違法ではありません。

自社ローンとは、わかりやすく言うと、馴染みの飲食店で食事をした際に、ツケにするような感買うです。

料金を一時的に店舗が立て替えて、後日に支払いすると言うツケ払いのようなものです。

自社ローンの正式名称は、割賦販売(自社割賦)と呼ばれるのですが、それが中古車業界では”自社ローン”と呼ばれるようになりました。

他にも、自社ローンを取り扱いしている業種はあります、中古車販売、呉服店、エステサロン、美容外科、宝石店などが代表的な職種です。

様々な業種で利用されている自社ローンは、法律違反にはなりません、むしろきちんとした販売方法だと思っても問題ありません。

自社ローン取り扱いの販売店に違法業者もあります。

しかし自社ローンを扱い店舗の中で違法な業者も存在します。

違法な業者は、下記のような特徴があります。

  • 自社ローンと言いながら金利を取っている
  • 他人の名義で契約をすすめてくる
  • 反社会勢力が販売している
  • 中古車の修復歴の改ざんをしている

このような怪しい販売店で購入しないように注意してください。

自社ローン対応で、自分の好みの車が見つかっても違法な業者から購入してしまうと、支払い終わるまで販売店との付き合いは続くので危険です。

違法業者に騙されないためには

では、自社ローンを取り扱う販売店を見分けるかと言うと、ものすごく簡単な方法があります。

それはカーセンサーに掲載されている自社ローン対応の販売店から探すことです。

カーセンサーに掲載されいる販売店は、カーセンサーの厳しい審査を受けてその審査を通過した販売店しか掲載されていません。

万が一、違法な行為を起こしてしまうとカーセンサーから掲載を外されてしまいます。

カーセンサーに掲載されている販売店なら、自社ローンでも安心して購入できます。

カーセンサー掲載の自社ローン対応販売店一覧ははこちら

自社ローンは違法でないので安心して購入できることがわかっていただけたと思います、しかし自社ローンは信頼関係で成り立つローンなので、きちんと返済できない人は無理して購入しない方がいいと思います。

自社ローンでの中古車購入は慎重に選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする